「梵天」の酸辣湯麺

By | 2015年4月20日

今日のランチは、銀座1丁目駅の方にある「梵天」に行ってきました。もちろん、ランチパスポートです。
有楽町駅または銀座1丁目駅の横の道をまっすぐ進み、中央通りを越えたちょい先にあります。前回のランチパスポートVol2にも掲載されていたお店で、なにやら「東京で一番うまい麺との声も!」っと書いてあり、気になっていたお店です。

店内はテーブル席数席とあとはカウンター。そこまで広いわけではないですね。
さて、今日のランチパスポートのメニューはこちらです。

「梵天」の酸辣湯麺

「梵天」の酸辣湯麺

酸辣湯麺(スーラータンメン)です。酸辣湯麺はどちらかというと中華系のラーメンで酸っぱくて辛いとろみのついたスープに入ったラーメンですね。通常、酢で酸味とラー油で辛味をつけるのですが、お店によっては黒酢にしたり胡椒や豆板醤で辛くしたりといろいろ。私は酸辣湯麺が大好きで良く食べるのですが、なかなか「これは美味しい!」といえる店には巡り合わないのですよね。以前、都内の豊島区の方にとっても美味しいお店が1つあったのですが。。。今はないのですよね。いまだにあそこを超える酸辣湯麺は巡り合ったことがないのですねぇ。

っというくらい、酸辣湯麺が好きな私ですが、こちらのはどうかなぁ〜?

食べてみると、酸味・辛味の具合はとっても良い。味もなかなか。中華系の味というよりは少し日本風にアレンジしている感じかな。具は卵・しいたけ・水菜・ネギなど。通常のものと具材の感じも異なりますね。これはこれでなかなか美味しい!
だけど、なんかちょっと違うんだよなぁ〜。これは酸辣湯麺というより、酸っぱ辛い麺ですね。「同じじゃん!」っと言われてばそうなのですが、似ているけど異なるものっというイメージですね。これは私が酸辣湯麺好きっていうだけの話なので、味自体はとっても美味しいラーメンでしたよ!

補足情報

住所:東京都中央区銀座1-9-12